>  > 貧乏は本当にいや

貧乏は本当にいや

私は小さい時から家にお金がなく結構貧乏な生活をしていました。自分が働く年になってつくづく思ったのは長い時間働いてもなかなかそれで生活していくということは難しいということですね。常にお金のことを考えて行動しないといけないということはもちろんなんですが、ほしいものがあっても今月は無理だなとか働いているのに節約しないと1ヶ月持たないのですからなんというか納得がいきませんね。結局貧乏なんだなとか思ったら世の中にはおもいもよらぬ高収入の求人があるのですね。初めて見たときには衝撃でした。風俗の仕事だとここまで時給がいいのかと思うともうやらずにはいられなくなってしまってデリヘルで夜だけバイトをするようになったのですが、おかげで1ヶ月苦しいということもなくなって、もともと貧乏ですから贅沢の仕方もわからず結局は地味な生活をしているのですが、それでも通帳にお金が貯まっていくのはなんとも言えない快感です。自分の体が続く限りは稼いでいずれは余裕のある暮らしをしたいです。

[ 2015-09-10 ]

カテゴリ: デリヘル求人体験談

フリースペース